HOME >  ハードディスクの基礎知識 >  ファイルを完全に消去するには

ファイルを完全に消去するには

ハードディスクなどに保存した情報は大事なものですが、逆にそれらの機器を廃棄するときには、情報漏えいを防ぐために残してはいけないものになります。ここでは、ハードディスクなどを処分する際の注意点を解説します。

ゴミ箱に入れただけでは消えていない

「ゴミ箱を空に」でファイルを削除しただけでは、データはパソコン内から消えません。画面上から見えなくなったに過ぎませんので、復元用のソフトを使えば簡単に元どおりにされてしまいます。

ですから、パソコンやハードディスクを処分する場合には、廃棄・譲渡に関わらず、中身のデータは完全に消去することを忘れてはいけません。何をきっかけに大切なデータや機密情報が漏洩してしまうかわかりませんので注意しましょう。

万が一、顧客やクライアントのリストなどの機密情報がもれてしまった場合、企業の存続に関わる重大事になる危険性もあります。そうしたトラブルを防ぐためにも、データを完全に消去しておくこと大事なのです。

各種ツールも出回っていますが、データ復旧同様、やはり専門業者に任せるのが最も安全な方法と言えます。

業者によるデータ消去の種類

専用の消磁装置を使用して強力な磁気でハードディスク上のデータを破壊する「HDD消磁消去」と、加圧装置を使用してハードディスクの記録部分を強い圧力で変形・損傷させてデータの読み出しができないよう物理的に破壊する「HDD物理破壊」があります。

フロッピーディスク・光ディスク・DVD・光磁気ディスク・磁気テープ・Zip・フラッシュメモリーなどにも同様の作業を行なうことができます。