HOME >  ハードディスクの基礎知識 >  論理障害・物理障害とは

論理障害・物理障害とは

データが失われる原因は、大きく論理障害と物理障害に分けられます。ここでは、それぞれの障害について説明します。

ファイルが失われる原因

「論理障害」とは、ファイルを誤って削除してしまった場合や、間違えてフォーマットしてしまったなど、HDD自体に全く問題がなくてもファイルにアクセスできないといったケースです。OSやアプリケーションなどのソフトウェアの不具合や、ウィルスによるパソコンの不具合なども論理障害にあたります。

「物理障害」は、ヘッダー、基盤、ベアリングなどハードディスクの内部の故障や熱による膨張、ファームウェアの故障など、電気的・機械的すなわち“物理的”に故障した状態のことを言います。

ハードディスクからカチカチという不自然な音が聞こえるのが、代表的な初期症状です。水没、火災、落下といった衝撃による故障や、停電や室内の高温時、強制終了を頻繁に行なった物理的ストレス、経年劣化によるハードディスクの老朽化なども物理障害と言えます。

障害によって復元方法も変わる

論理障害の場合は、記録メディア内のデータに障害が発生しているだけなので、ソフトを使って復元できる可能性もあります。問題は物理障害の場合ですが、こちらは部品が破損しているわけですから、物理的な修理が必要になります。故障の内容によっては通電させるだけでも状態を悪化させることになりますので、細心の注意が必要です。

また、最も気をつけたいのが、起動しないパソコンを繰り返し電源を入れようと試みたり、不具合が生じている最中にディスクユーティリティを起動するなどの行為です。こうした行動は、データの復旧率を著しく低下させてしまうことを覚えておきましょう。