HOME >  ハードディスクの基礎知識 >  データを失わないための対策

データを失わないための対策

ここでは、ハードディスクなどが故障したときにもデータを失わずにすむ対策を紹介しています。

バックアップを日常の習慣にする

万一の場合に備えて、常にバックアップをとる習慣をつけておくと、PCやハードディスクなどが故障した際にも慌てずにすみます。複数のメディアにデータを重複して保存しておけば、すべてを一瞬にして失ってしまうという惨事は避けられます。

DVDなどの記録メディアに保存するのもひとつの方法ですが、最近では外付けのハードディスクもずいぶん安価になったので、バックアップ用に用意しておくといいでしょう。なお、フラッシュメモリーなどはUSBに差すだけで簡単にデータのコピーができますし、最近は価格もかなり安くなったので手軽に利用できますが、長期的なデータ保存には不向きですので気をつけましょう。

注意しなければならないのは、ファイルをコピーしただけではOSはバックアップできないということです。ファイル単位ではなく、ハードディスクのセクタ単位でバックアップする「イメージバックアップ」を行なうと、いざという時にも安心です。

リモートバックアップ

サーバーの故障や火災・地震などによる被害を防ぐ方法として、インターネットを介してデータセンターにバックアップを行なう方法が「リモートバックアップ」です。定期的に暗号化されたデータが送られるので安心です。自身でのメンテナンスが不要な点でも便利といえます。

RAIDでデータを守る

大量のビジネスデータはRAIDによるバックアップで守るといいでしょう。

RAIDとは、複数のハードディスクを組み合わせて、単一の仮想的な高機能ストレージとして扱うしくみのことです。複数のハードディスクに一斉に書き込みを行なうので、ハードディスク単体のトラブルによってデータを失ってしまうというケースを予防できます。

RAIDには特徴が異なるいくつかの種類(モード)があるので、目的にマッチしたモードを選びましょう。