HOME >  PCデータ復旧業者を徹底比較 >  デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー

スピード、技術、セキュリティのすべてで信頼できるデータ復旧業者、デジタルデータリカバリーの特徴を紹介します。

「1秒でも早く!」 作業スピードへのこだわり

デジタルデータリカバリーでは、午後4時までの問い合わせなら当日中のデータ復元も可能、持ち込みの場合は最短30分で診断結果が出ます(郵送の場合は機器到着から最短30分で診断結果が出ます)。

その秘密は、問い合わせ対応するアドバイザー、機器分解を行なう担当者、そして復元チームのすべてが連携して作業しているから。受付とラボが別の地域にあったり、作業の一部を外注しているといったことがないため、受注からデータ復元までの作業を最短時間で行なうことができます。

データは必要な時に使えなければ意味のないもの、仕事上のデータ救出においてスピード対応はありがたいかぎりでしょう。ちなみに、ホームページを見て問い合わせた場合、通常3万円の初期診断料が無料になります。銀座から徒歩5分という立地も、いざという時にすぐに駆け込めて便利です。

デジタルデータリカバリーにデータ復旧を相談!

「1つでも多くのデータを復旧する!」技術へのこだわり

欲しいデータが救出できなければ、依頼する意味がありません。デジタルデータリカバリーでは、データを復元する技術スタッフを物理障害専門、論理障害専門というように専門チームに分けています。症状に応じて専門のスペシャリストが復元にあたるため、90%以上の高い復旧率を維持できるのです。そして、料金は成功報酬型で、必要なデータが取り戻せなかった場合は無料になります。

「機密保持を徹底」セキュリティ対策へのこだわり 

デジタルデータリカバリーのお客様対応センターは、20台の監視カメラで24時間管理するなどセキュリティ対策も。当然、スタッフ全員が機密保持契約書を個別で締結し、機密保持の面でも信頼できます。大学や市町村団体など公的機関との取引が多いことからも、その信頼度の高さがうかがえるでしょう。