HOME >  PCデータ復旧業者を徹底比較 >  データ復旧技術センター(ロジテック)

データ復旧技術センター(ロジテック)

データ復旧技術センターは、コンピュータ周辺機器のメーカーとしてお馴染みのロジッテクが展開するデータ復旧サービスです。その特徴について、以下にご紹介します。

90%を超えるデータ復旧率

30年以上にもわたって、コンピュータ・周辺機器装置・情報通信関連製品の研究開発ならびに製造販売を行ってきたロジテックが手掛けるデータ復旧サービスだけに、その技術力の高さには定評があります。個人、法人、病院、教育機関に至るまで、多くの依頼を受ける中、その復旧成功率は90%を超えるというから驚きです。

データ復旧はワンチャンスとも言われています。というのも、精密機械であるハードディスクは、手を加えれば加えただけ、傷口が広がり、症状が悪化してしまうためです。「ワンチャンス」であれば、やはり同社のように、復旧成功率の高い業者に最初から依頼したいものです。

データ復旧技術センターの対応メディアと復旧の流れ

データ復旧技術センターでは、パソコン・外付け型のハードディスクや、フラッシュメモリ・SDカードなどのメディアはもとより、難易度が高いと言われるNAS・RAIDのデータ復旧にも対応しています。

同社の復旧作業の流れは、「1.問合せ・申込み→2.初期調査・見積り→3.作業依頼・支払い→4.復旧作業・納品」となっています。最短で即日復旧も可能なようですが、平均すると「2.初期調査・見積り」までは6時間~5営業日、「4.復旧作業・納品」までは作業依頼から数えて1~3営業日というのが、作業期間の目安となっています。

復旧成功率の高さには目を見張るものがありましたが、復旧スピードに関しては、平均的なレベルと言えるかもしれません。

さまざまなオプションサービスを実施

データ復旧技術センターは、さまざまなオプションサービスを用意しています。
そのひとつは「ピックアップサービス」。これは、提携する運送会社が、障害媒体を自宅やオフィスまで引き取りに来てくれるサービス。

これに付随して、追跡ログ取得・GPS機能を搭載した専用のセキュリティボックスで梱包して大切なデータを守ってくれる「データガードサービス」というサービスもあります。その他にも、情報漏えい防止のためにデータを完全消去する「データ消去サービス」を提供している点も、同社の特徴のひとつです。

また、復旧したデータを入れるための納品用のCDやHDDはすべて無料とのこと。このあたりは、まさしく周辺機器メーカーだからこそのサービスと言えるでしょう。