HOME >  データ復旧の心得 >  費用の相場を把握しておく

費用の相場を把握しておく

データ復旧の費用の相場や、どんな条件で金額が変わるのかも知っておきたいポイントです。

何によって金額が左右されるか

データ復旧の費用の目安は業者によっても異なりますが、「障害の度合い」と「データの容量」が見積もりの柱となる場合が多いようです。

障害には論理障害と物理障害があり、それぞれの症状に応じて軽度・中度・重度と診断されます。さらにハードディスクの容量に応じても、値段が設定されているのが一般的です。

例えば、軽度の論理障害の場合、ハードディスク容量が5GB以内なら3万円程度、10GB以上で4万5千円程度、100GB以上で5万円程度、300GB以上で6万円程度…という具合に変わっていきます。

平均的な費用を総容量5GB~300GBの場合で比較してみると、軽度の論理障害で3~6万円、中程度で8万~11万円、重度で10万~25万円程度が相場といえます。

一方、物理障害の場合は復旧作業の難度が高くなりますので、当然費用もアップします。5GB~300GBで比較してみると、軽度で15万~50万円、中程度で18万~55万円、重度で20万~65万円あたりが相場のようです。

自分では軽度の障害だと思っていても…

障害が軽度か重度か、その判断基準も業者によって異なるので注意が必要です。料金表を確認して、勝手に軽度だと思い込んで依頼したら、重度と診断されて多額の技術料を請求されてしまった…なんてこともありがちです。ですので、大よそでも必ず、最終的な金額が明示された書面での見積りを事前に受け取るようにしましょう。

技術料の他にも請求されるものはあるか?

業者によって設定はまちまちですが、復旧メディアや使用部品の料金が別途必要な場合もありますので、事前確認を忘れないようにしましょう。また、ハードディスクの取り外しについて、別途作業料を請求する業者もあります。初期診断料金の有無によっても意外に合計金額は変わってきます。