HOME >  データ復旧の心得 >  修復可能なデータを知る

修復可能なデータを知る

ここでは、復旧サービスで復元できるデータについて説明します。

どのようなデータが修復できるのか?

修復できるのは、誤作動によって失ったデータや、故障した記録メディアに収められたデータなどです。

デスクトップパソコン、ノートパソコン、HDD、NAS、サーバー、RAIDといったハードの故障から、CD、DVD、USBメモリー、MO、フラッシュメモリー、SDカードといった記録メディアまで、データを収める媒体は様々ですが、故障の程度や部位によるものの実際にはそのほとんどが復旧可能です。

ちなみに、手軽にコピーが可能なUSBメモリーなどは、長時間の保存には向きませんし、一定回数以上書き換えるとデータが消失するいわゆる消耗品であることを日頃から認識していなければいけません。衝撃にも弱く、記録チップ部分が正常でも読み出しに必要な部分が故障してしまうとデータの読み出しができなくなります。そんな場合は無理な動作を加える前に、早めに業者に相談するのが一番でしょう。

水没したデータも復旧可能

意外に復旧可能なのが水没の際のデータです。電子機器が水に弱いのは周知のことですが、実は純水であれば電気を通さないのでさほど影響を及ぼすことはないそうです。雨水や飲料品などの場合、含まれている不純物が通電してショートしたり、基盤に付着することで故障を招くのです。

つまり、万が一水没してしまった場合、水分をふき取って含まれていた不純物のみを機器に残してしまうことが、一番ダメージが大きいのです。濡れたままの状態で、すみやかに業者にお任せするのがポイントです。

その他、火災に遭った、落として歪んでしまった…そんな衝撃に遭った場合でも救出可能な場合もありますので、まずは冷静に対処しましょう。

データ復旧サービスは、データの救出が目的

データ復旧サービスとして対応してくれるのは、あくまでも障害を起こした媒体に収められた内部のデータの回収です。論理的な処理によって内部に存在するデータをファイルの形にまとめ、別の記憶媒体に書き込む形で救出してくれるサービスです。

ですが、どんな業者でもあくまでも復旧の確率は100%ではないこと、障害の程度によってはデータ復旧が不可能な場合もあるということは念頭におかなくてはなりません。また当然のことながら、故障したHDDなどの媒体の修理はしてくれませんので、間違えないようにしましょう。