HOME >  データ復旧の心得 >  自力で復元する危険性を知る

自力で復元する危険性を知る

データ復旧用のソフトは費用面でお得感がありますが、使うことによるリスクもあるので要注意です。

ソフトを使った復元は本当に安上がり?

データ復元用のソフトにも様々な種類のものがあります。1万円程度で購入できるものから、フリーソフトまであります。例えば有名なのは、市販ソフトの『FINALDATA』。誤って消してしまったファイルや、システム異常によって消えてしまったデータを復元してくれます。製品版を購入する前に、復元の可能性のあるファイルをスキャンできるお試し版で一覧を確認することもできます。

オントラック社が提供する『EasyRecovery』というソフトも、復旧可能ファイル一覧を見るだけのお試し版なら、無料でダウンロード可能です。

しかし、これらのソフトの使用はあくまでも自己責任であることを肝に銘じておきましょう。万が一の場合は、そのソフトを使ったことでかえって状況が悪化し、二度と修復不可能になってしまうことだってあるのですから。

復旧ソフトが使える場合

あくまでも自己責任であることは大前提として、安価なソフトで本当にデータを復元できるものなのでしょうか?

データ復旧ソフトを使って救出可能なのは、基本的に論理障害の場合だけです。水没や火災といった物理障害はもちろん、重度の論理障害もソフトでは対応でできない可能性があります。

また、ソフトをインストールしたことによって初期化されるなど、データを消失してしまうこともあるので注意が必要です。

ファイルを復元する仕組み

ファイルを誤ってPC上から削除してしまったり、ウイルスなどが原因で消えてしまった場合でも、実はハードディスクなどの記録媒体の中にはファイルの情報が残されています。

こうしたファイル情報がどこにあるかを探しあてて、それをもとにファイルを復元するのがデータ復旧の仕組みです。ゆえに、ファイルを削除した直後ならばファイルを完全に復旧できる可能性も高いのです。

ただし、ファイルを削除した後に新しいデータを記録すると、もとのファイル情報が上書きされ、復元できなくなってしまいます。パソコンは起動中、常に自動的にインターネットのキャッシュファイルやOSの一時ファイルの書き込みを行っているため、もし重要なファイルを削除してしまったことに気づいたら、即座にデータ復旧作業に取りかかる必要があります。

一方、データを完全に削除(復旧できないように)したい場合は、データの上書きを行ってしまえばいいわけです。データ削除用ソフトなどは、そうした上書きを繰り返すことで、元のデータを復元できないようにする仕組みになっています。